こんな宿題は必要か?

こんにちは修徳ゼミナールの木村です。

 

丹中の1学期の中間テストまで残り1週間になりました。

テスト範囲の問題集を早く終わらせて2回廻り目に取り組めるように毎日各生徒の進捗状況を確認しています。

 

アナログ的で手間はかかりますが今のところこれに変わる効果的なやり方が見つからないんですよね。

 

 

テスト後に提出を求められる課題の中で曲者なのが「受業ノート」

授業で配られたプリントをノートに張り付けその裏に一面びっしりと書かせるというもの

 

 

ハッキリ言ってほとんどの生徒にとっては作業にしかならない効果の期待できない課題です。

南中・丹中すべての生徒に課せられてはいないものの今年も何学年かはこの手の課題が出ています。

何でこう言った作業系の課題が無くならないんでしょうね?

 

ノートに隙間なくびっしり書いてあれば内容は特に問われないらしい。

一説には通知表の「関心・意欲・態度」を評価するためのものだと聞いたことがあります。

確かにパッと見てノートが埋まっていれば合格、先生が評価するには楽そうな感じ。

 

でも本来課題を出す目的からは外れているのではないでしょうか?

授業で学習した内容を定着するためにするのが課題だと思います。

生徒にとってはノートを埋めることが目的となってしまっています。

 

ただ、評価の対象となる以上は塾としてもやらなくてもいいとは言えません。

「学習ノートは授業プリントをもらったらその日のうちにやって貯めないように」

「テストの範囲発表があってからやり始まるとテスト勉強が出来なくなるよ。」

ぐらいしか指導の方法がありません。

 

このような課題が無くなることを願うばかりです。

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)