修徳文庫に「54字の物語」を加えました。

同業の方のブログに面白い本の紹介があったので早速購入してみました。

 

54字の物語 [ 氏田雄介 ]
created by Rinker

 

縦9マス、横6マスの54字で終わる超短編小説です。

1分もあれば読み終えることのできる短い文章ですが、これが良くできていてどの話にもオチがあります。

 

 

こちら表紙ですが第1話にもなっています。

全部で90話掲載されいて、次のページに解説が書かれています。

 

先日研究室に送ってくれた大きなエビ、おいしかったよ。話は変わるが、例の新生命体のサンプルはいつ届くのかね?」

 

この物語のオチはわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

【消えた贈り物】

ある日、生物を研究している博士のところに贈り物が届きました。

箱を開けた博士は「これは立派なエビだ」と喜んですぐにそれを食べました。

しかし、博士がエビだと思っていたその生き物は、研究に欠かせない貴重な「新種生命体のサンプル」だったのです。

博士が心待ちにしていたものは、料理となった自分の胃の中へ消えてしまったのでしたのでした。

注意深く見ていれば、普通のエビではないことに気づけたかもしれないのに…

でもこれは決して他人事ではありません。あなたは、今日食べたご飯に何が入っていたか全部言えますか?

 

54字も文字数が少なくて読みやすいといってもある程度の予備知識が必要です。

本を読むことに抵抗のある小学校の高学年や中学生に読んでもらいたいですね。

 

読むだけでなく巻末にあるように自分で54字の物語を作ってインスタやツイッターに投稿できるようになるといいですね。

と生徒に言う前に自分で実行しないといけないですね。

ちょっと考えてみます。

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)