中1の英語の中間テストは大変なことになりそうです!

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を主宰する修徳ゼミナールの木村です。

 

5月19日(水)から南中は1学期の中間テストが始まります。

 

1年生が学校からもらった英語の単語のプリントを見てびっくり!

 

 

 

Unit0とUnit1を合わせると198語ありました!

 

 

 

そのうちテキスト6ページから7ページにある単語41語は書けるようにしておくとのこと。

 

 

小学校の時に学習していることが前提になっているようですが、いきなり単語198語を覚えてくるとは厳しくないですか?

 

実際に中学1年生に聞いてみても殆ど小学校の時はそこまでやっていないとのこと。

 

教科書が改訂される前の中1の1学期の中間テストは100点が簡単に取れるテストでしたが、今回はそうならないようです。

 

 

いったいどんな問題になるのでしょうか?

 

 

関連記事

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を主宰する修徳ゼミナールの木村です。   愛知県教育委員会から令和5(2023)年度の入試改革のリーフレットが掲載されていました。 PDF版はこちら↓[…]

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)