愛知県の公立高校を受験する生徒に向けた注意事項が公表されました!

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を主宰する修徳ゼミナールの木村です。

 

愛知県の教育委員会より令和3年度の公立高校受験者に向けた注意事項が公表されました。

 

 

愛知県公立高校入試(全日制課程)における新型コロナウイルス感染症への対応

 

県外から受検する皆さんへ

 

愛知県公立高校入試(定時制・通信制)における新型コロナウイルス感染症への対応

 

検査当日まで心がけてほしいこと

1.「新しい生活様式」の実践
手洗い手指の消毒、マスクの着用、せきエチケット、身体的な距離の確保と、「三つの密」(密集·密接密閉)の回避を心がける。

2 規則正しい生活 健康管理
バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理に心がける。

3 体温の計測
入学検査の7日程度前から、朝などに体温を測り、体調の変化の有無を確認する。

4 症状がある場合の医療機関の受診
入学検査の2週間程度前から、発熱 せき·のどの痛みなどの症状が出たら、 医療機関を受診する。

 

検査の前日

1検査場の確認
遅刻しないよう、検査場(高校) までの道順と所要時間を調べておくとよい。

2 注意事項の確認と持ち物の準備
受検票の裏面の「受検者心得」をよく読む。 また、受検票とともに、 必要な用具をそろえておく。

3 病気やけが等により受検できなくなった場合
病気やけが、新型Uロナウイルス感染症にかかわる理由によって、 受検できなくなった場合は、出身中学校または受検する高校に連絡する。

 
※ 次のどれか一つでも該当する場合は、当日の受検ができません。出身中学校に連絡し、 相談してください。

●熱が37.5°℃以上ある人
●保健所等によって濃厚接触者と判定されており、 PCR等の検査結果が陰性であることが明らかでない人 (検査を受ける前や、 検査結果が出ていない場合)
●陽性者(新型コロナウイルスの感染者) と判定されている人

検査の当日

1 時間に余裕をもって行動すること
交通事情等を考えて、 時間に余裕をもって出かけ、集合時刻に遅れないようにする。

2 受検票を忘れないこと
受検票をはじめ、必要な用具を忘れないようにする。

3 スマートフォン等の情報通信機器等を持ち込まないこと
スマートフォン等の情報通信機器や、 計算機能 通信機能付きの時計は、持ち込まない。どうしても必要で持ってきた場合は、集合 ・点時に係の先生に預けること。

4 交通機関の事故等の場合の対応
交通機関の事故等で遅れそうなときは、次のように対応する。
(1) できるだけ早く到着できる手段を講する。
(2) 事故等のために遅刻した場合は、 到着後すぐ受付に申し出る。
(3) どうしても行けなくなった場合は、受検する高校又は出身中学校に連絡する。

5 体調が悪い場合
(1) 発熱やせき·のどの痛み等の症状がある場合は、できるだけ早く症状と体温を出身中学校に連絡する。体温が37.5℃以上ある場合は、自宅で待機すること。
(2) 急病などで行けなくなった場合は、 できるだけ早く受検する高校又は出身中学校に連絡する。
(3) 到着後、体調が悪い場合は、 がまんせずに係の先生に申し出る。

6 マスクの着用
昼食時を除き、常にマスクを正しくつける。

7手指の消毒
設置されている速乾性アルコール製剤で手指を消毒する。 速乾性アルコール製剤が苦手な人は、せっけんで手を洗うこと。

8 休憩·昼食時
(1) 休憩時は、他の受検者との会話や交流、 接触などをできるだけ控える。
(2)トイレを使用するときは、 できるだけ混雑を避け、 密集状態にならないよう留意する。
(3) 昼食は、自分の席で、 机を動かさずに前方を向いてとる。食べながら他の受検生と会話しない。また、 食べ終わったら、 マスクをつける。
(4) 休憩·昼食時には、 校外へ出ない。

9 服装について
中学校でふだん着用しているジャージやウインドプレーカー、 コート等の防寒着を、検査中も着用してよい。 ただし、 検査中に脱いだり、 着たりするときは、 周りの受検者に迷惑がかからないように注意すること。 その際、 周りの受検者の解答用紙を、 誤って見てしまうことがないように気をつける。また、 検直室内に持ち込んだ防寒着を着ていないときは、イスの背もたれに掛けておく。

10 面接
面接においても、 上の1から9のことに留意する。特に、 受検票を忘れないこと。

 
 

見比べて分かったのですが、定時制・通信制のリーフレットと県外受験の案内には書いてあるのに、全日制のリーフレットには書いていない記述があります。

その記述はこちらです↓太字で示した部分が全日制リーフレットには書かれていません。

 

検査室内での防寒着の着用について

感染拡大防止のために検査室の換気を行いますので、寒さを感じる場合は、検査室内 でも中学校等でふだん着用しているジャージ、ウインドブレーカー、コートなどの防寒 着の着用が認められます。
検査中に脱いだり着たりすることもできますが、その際、周りの受検者の解答用紙を 誤って見てしまうことがないよう気をつけてください。また、検査室内に持ち込んだ防 寒着を着ていないときは、イスの背もたれに掛けておいてください。

なお、検査室内で、膝掛け、座布団、クッション、ネックウォーマー、マフラー、帽子、手袋などを使用したい場合には、中学校等を通して、出願時に「受検上の配慮に関 する申請書」を提出することが必要です。

 
3種類あってなぜ県内の全日制の生徒向けだけに「申請書の提出が必要」という部分だけ書いていないのか。
 
 
まぁまぁ面倒な内容です。
 
これが受験生から申請されたら事務処理が大変なことになることは予想できます。
 
そのために敢えて書かなかったの方と勘繰りたくなりますね。
 
 
いずれにせよ、中学校から説明があると思いますが、寒がりの生徒は念のために申請書を書いて提出しておくと良いと思います。
 
願書出願時に併せて提出するものらしいので、必要な方は急いで申し出てください。
願書提出日はもうすぐです
 
 
関連記事

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を主宰する修徳ゼミナールの木村です。   愛知県教育委員会より「愛知県公立高校入試(全日制課程)における 新型コロナウイルス感染症への対応」についての告知が[…]

 
 
 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)