春期講習がスタートしました!

愛知県一宮市で南部中学(南中)・丹陽中学(丹中)専門の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。

 

 

本日より2020年の春期講習が始まりました。

 

午前9時30分から午後9時55分まで一日中開校しています。

 

今回はコロナウィルスの影響で中学校の部活がないので殆どの生徒が午前中からか、午後からの時間に通塾を選択しています。

 

通常であれば午前9時30分からの授業は小学生で賑わう時間帯なのですが今回は殆どが中学生なのでいつもと趣が違います。

 

 

 

 

春期から新中1生は英語の先取りを始めています。

 

順調にいけば夏休み前には1年生の2学期までの文法単元は終わることになります。

 

早く進みすぎないかとご心配になる保護者の方がお見えになるかもしれませんが、十分に理解しているか、もしくは忘れてしまっていないかを夏期講習で確認してから次の単元に進みます。

 

積み残しがあった場合でも復習して挽回することができますのでご安心ください。

 

いわゆるスパイラル学習ですね。

 

 

 

ある教育機関のアンケート調査によると、中1の2学期に躓く生徒が多いと言われています。

 

要因はいくつかあります。

 

一つは授業スピードが上がってくること。

 

そして最大の要因は学習する内容が難しくなることです。

 

例を挙げると数学では2学期には方程式があります。

 

計算は出来ても文章題で躓く生徒が多発します。

 

 

英語では一般動詞とbe動詞の区別がつかない、三人称、単数、現在形いわゆる「三単現のS]が理解できない生徒が出てきます。

 

そしてわからないまま先に進んでどんどん出来なくなってしまうという「負のスパイラル」に陥るパターンです。

 

 

修徳ゼミナールでは同じ単元を3回以上繰り返すことで定着を図っています。

 

生徒にしてみれば「またやるの?」という感じですが、今までの経験ではいろいろな問題集に手を広げるより、良質な問題を繰り返し解く方が成績が上がりやすいという結果が出ています。

 

中学3年生の学年末テストで初めて英語で100点を取った生徒も最初は「またやるんですか?」と聞いてきましたが、「全問正解してないならもう一度やるんだよ」と言ってやってもらって最期に結果が出ました。

 

 

関連記事

一宮市の南部中学校、丹陽中学校専門の学習塾、修徳ゼミナールの木村です。   丹中3年生のI君が中学生最後の学年末テストで素晴らしい結果を残してくれました❗️   英語のテストで100点[…]

 

 

 

教室の掲示にも書いてあるのですが「面倒くさいを大切にしよう!」

これに尽きると思います。

 

修徳ゼミナールは生徒の「面倒くさい」に負けません!

 

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)