令和2年度愛知県公立高校一般・推薦入試の志願者数が発表されました

一宮市で南中・丹中専門の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です

 

愛知県教育員会のこちらのサイトから”全日制一般選抜・推薦選抜等入学願書受付締切後の志願者数”が発表されました。

 

 

 

1群Aグループ

高校名募集人員第1志願者数推薦選抜志願者数第2志願者数志願者総数締切時倍率昨年度締切倍率
一宮南32043257995311.661.84
江南320404741155191.681.48

1群Bグループ

高校名募集人員第1志願者数推薦選抜志願者第2志願者数志願者総数締切時倍率昨年度締切時倍率
一宮西32036365143771.181.33
尾北 普通240276581864621.932.16
尾北 国際教養40432712551.381.95

2郡Aグループ

高校名募集人員第一志願者数内 推薦志願者数第2志願者数志願者数数締切時倍率昨年度締切時倍率
一宮 普通32044010516471.181.45
新川320355603316862.142.01
津島北 普通1205051662161.802.55
稲沢東16080111752551.591.82

2郡Bグループ

高校名募集人員第1志願者数推薦選抜志願者第2志願者数志願者数総数締切時倍率昨年度締切時倍率
西春3603801042796591.831.74
五条320374531104841.511.67
一宮興道32034235934351.361.47
津島東240163252824451.852.02

Aグループ共通

高校名募集人員第1志願者数推薦選抜志願者第2志願者数志願者総数締切時倍率昨年度締切時倍率
津島360401844438442.342.18
一宮北24012393354581.912.12
尾西16010471042081.301.25

Bグループ共通

高校名募集人員第1志願者数推薦選抜志願者第2志願者数志願者総数締切時倍率昨年度締切時倍率
木曽川160216441573732.332.54

総合学科

高校名グループ募集人員第1志願者数推薦選抜志願者第2志願者数志願者総数締切時倍率昨年度締切時倍率
岩倉総合B240243591463891.621.51
杏和B2402681001954631.931.82
西陵A
2003732211325052.532.91

専門学科

高校名グループ募集人員第1志願者数推薦選抜志願者第2志願者数志願者総数締切時倍率昨年度締切時倍率
一宮工業 機械A806920391081.351.35
一宮工業 電気A808024371171.461.45
一宮工業 建築・土木A80782120981.231.51
起工業 機械・電子機械A808014341141.431.41
起工業 電子工業A4048414621.551.358
起工業 化学工業A404945541.351.255
起工業 デザインA4048229571.431.08
佐織工業 機械・電子機械B12091171262171.812.13
佐織工業 電子工学B4033952852.132.15
佐織工業 建築B40271158852.132.48
一宮商業A2402141052044181.741.81
木曽川 総合ビジネスB808548511361.702.29
一宮 ファッション創造A40321815471.181.45

 

 

総評

 

このところ一宮西の倍率がだんだん下がってきています。

漏れ聞こえてくるところによると上位校にしては厳しい指導が行われているのでそれを嫌ってなのでしょうか。

あくまでも憶測ですが…

 

江南は持ち直しましたね。昨年だけのことだったのかもしれません。

 

一宮北、津島北、稲沢東などの倍率が下がってきているのは私立高校の授業料無償化の枠が引き上げられることが影響しているのかもしれません。

大学進学を考えると内部進学、指定校推薦の枠がある私立高校は魅力がありますからね。

 

専門学科では募集定員が80,40名と母数が少ない学科は毎年倍率の変動が大きいですね。

今年は一宮のファッション創造、木曽川の総合ビジネスがその例です。

今年受験する生徒は昨年度よりは有利ですよ。

 

推薦入試について

 

倍率と合わせ、推薦の志願者数も、今日の発表資料から読み取ることができます。

普通科の場合、定員の10~15%程度が推薦入試での定員となります。

専門学科の場合は、30%~45%程度と、普通科に比べるとかなり多くの人数が推薦入試の定員となります。

 

自分の志望する高校の定員の10~15%(専門学科の場合は、30~45%)を掛けて出た人数と、推薦志願者数の人数を比べ、推薦志願者のほうが少ない場合、推薦定員未満ということで、合格の確立がかなり高くなります。

 

普通科では一宮北、尾西、津島北、津島東、稲沢北が15%未満になっています。

総合、専門学科では岩倉総合、杏和、一宮工業、一宮商業、佐織工業、デザイン科除く起工業が45%未満になっています。

 

逆に、定員を大きく超えているよう場合は、推薦での合格に過度な期待をせず、しっかりと当日点が取れるように準備し、一般入試に回されても余裕で合格できるように準備をしておきましょう!

 

関連記事

こんにちは修徳ゼミナールです。 愛知県教育委員会より、公立高校一般入試の倍率と推薦志願者数の発表がありました。 自塾から通う可能性のある高校について記載しました。 1群Aグループ [table id=30 /] 1群Bグループ […]

関連記事

一宮市の南部中学校、丹陽中学校専門の学習塾、修徳ゼミナールの木村です。   愛知県の私立高校に入学するご家庭に朗報です。   私立高校の授業料実質無償世帯が世帯収入720万円未満の家庭まで広がって満額受けられるこ[…]

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)