令和2年度 愛知県公立高校一般入試平均点が発表されました!

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。

 

令和2年度 愛知県公立高校入試の平均点が愛知県のHPにアップされました

 

※平成29年度より、1科目22点満点、5科目合計得点が110点満点になりました。

詳細は愛知県のHPでご確認ください

 

受験者の5科目平均の合計点で比べてみました

 

年度 受験者5科目平均合計(110点満点)
H29A 62.0
H29B 62.8
H30A 61.0
H30B 58.6
H31A 57.8
H31B 58.9
R2A 58.6
R2B 57.8

 

昨年度のB日程57.8点と平成29年度のB日程62.8点と比較すると-5点と1科目あたり1点下降したことになります。

 

これは数学、英語、そして理科の三科目が顕著に難化していることが原因と考えられます。

 

数学は大問の1番の計算問題が減少したのが最もな理由でしょう。(A:5題、B:6題)

 

理科に関しては、基礎知識となる重要語句や実験の操作手順についての理解はもちろんのこと、問題文章をしっかり読み取る読解力と思考力が必要な問題になってきたことが原因でしょう。

 

英語は条件英作文が出題されるようになってから平均点が下がってきています。

 

どの教科も単純に「知識」を問う問題から「思考力」を問う問題へと傾向が変わってきています。

 

これは文科省が掲げている学習指導要領に沿ってきているからでしょう。

 

しかいし「思考力」をいきなり高めることは出来ません。

 

まずは「知識」をしっかり身につけてそれを土台にして「思考力」を高めていくしか方法はありません。

 

ピラミッドを連想するとわかりやすいですが「知識」の上に「思考力」が乗っかっているイメージです。

 

修徳ゼミナールではまず夏期講習でそれぞれの教科の「知識」の部分をしっかり身につけて、秋から始まる入試対策講座で「思考力」を高めていくようにしています。

 

今年の夏休みは例年の半分以下になります。

 

そのうえ一宮市では市大会が9月26~27日にあります。

 

中3生は夏休みも部活があることになるので勉強にかけられる時間を確保することが難しくなりそうです。

 

本当の意味での勉強と部活の両立を求められる年になりそうです。

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)