愛知県も公立高校入試の範囲が変わるかもしれません

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。

 

東京都立高校入試で出題範囲を狭める決定をしたそうです。

 

 

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が長期化したことを受け、東京都教育委員会は11日、来春の都立高校の入試で出題範囲から除外する内容を公表した。中学校を所管する区市町村教委に通知し、中3の生徒や保護者向けにリーフレットを作成するという

 

内容を表にまとめると下記のようになります。

 

教科 出題範囲から除外する内容
国語 中学3年生の教科書で学習する漢字
数学 中学3年生で学習する内容のうち、次に挙げる内容
〇 三平方の定理
〇 標本調査
英語 関係代名詞のうち、主格のthat、which、who及び目的格のthat、whichの制限的用法
※ 同様の働きをもつ接触節も出題しない。
社会 公民的分野のうち、次に挙げる内容
〇 『私たちと経済』の「国民の生活と政府の役割」
〇 『私たちと国際社会の諸課題』
理科 各分野のうち、次に挙げる内容
〇 第1分野
・ 『運動とエネルギー』の「力学的エネルギー」
・ 『科学技術と人間』
〇 第2分野
・ 『地球と宇宙』の「太陽系と恒星」
・ 『自然と人間』

 

学校の授業が終わらないから入試の範囲を狭くするということなのでしょうがこれは賛成できません。

 

 

 

入試範囲から除外され単元はいつ学習するのでしょうか。

 

入試が終わった後にやるのでしょうか?

 

それとも高校に持ち越して高1で学習するのでしょうか?

 

これって「ゆとり教育」の失敗を繰り返すことになりませんか。

 

 

多少工夫すれば週に3時限か4時限を授業をを追加して、教科書の内容が終わらせることはできると思います。

 

大人たちが配慮をしまくって負担を取り除いてやることだけがやさしさではないと思います。

 

大人たちも必死にこの難局を乗り切ろうと頑張る。

だから君たちも、少し大変かもしれないが必死に頑張ってくれと忍耐と努力をさせることも立派な教育なのではないでしょうか。

 

 

とは言っても東京都に倣って他府県も追随するのでしょうね。

 

愛知は入試の日程が遅いのでもしかしたら工夫をして削減しないということなることを期待したいです。

 

また情報が入り次第アップいたします。

 

関連記事

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。   2023年度の入試から愛知県公立高校入試が変わるようです。   今現在小6の学年の子たちからですね。 […]

 

関連記事

愛知県一宮市で南部中学(南中)・丹陽中学(丹中)専門の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。   今日の中日新聞の愛知県版に入試が変わるという記事が掲載されていました。 掲載記事   記事の内容については下記の[…]

 

 

 

 

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)