愛知の私立高校の無償化が世帯年収720万まで拡大します

一宮市の南部中学校、丹陽中学校専門の学習塾、修徳ゼミナールの木村です。

 

愛知県の私立高校に入学するご家庭に朗報です。

 

私立高校の授業料実質無償世帯が世帯収入720万円未満の家庭まで広がって満額受けられることになったようです。

 

中日新聞 CHUNICHI Web

 国が二〇二〇年度から実施する私立高校の授業料の実質無償化で、愛知県は独自に補助額を上乗せする方針を決めた。国の対象が年…

 

一覧表にまとめてみました。

 

世帯年収 従来 2020年度~
~350万

年間補助額 398,000円

年間負担額                      0円

入学金補助 200,000円

年間補助額 412,800円

年間負担額                      0円

入学金補助 200,000円

350~610万

年間補助額 265,200円

年間負担額 133,200円

入学金補助 130,300円

年間補助額 412,800円

年間負担額                      0円

入学金補助 200,000円

610万~720万

年間補助額 199,200円

年間負担額 199,200円

入学金補助 100,000円

年間補助額 412,800円

年間負担額                      0円

入学金補助 200,000円

720万~840万

年間補助額 199,200円

年間負担額 199,200円

入学金補助 100,000円

年間補助額 206,400円

年間負担額 206,400円

入学金補助 100,000円

840万~910万

年間補助額 118,800円

年間負担額 289,600円

年間負担額                      0円

年間補助額 118,800円

年間負担額 289,600円

年間負担額                       0円

910万~

年間負担額                       0円

年間負担額 398,400円

年間負担額                       0円

年間負担額                       0円

年間負担額 398,400円

年間負担額                       0円

 

分かりやすく一言でいうと

世帯年収が350万までが満額支給だったものが720万円まで引き上げられました。

 

愛知県は全国でも有数の公立高校王国です。

 

保護者面談でも、公立高校に進学してほしいとおっしゃる方がほとんどです。

 

ただ今後この流れが変わってくるかもしれません。

 

 

補助金の増額もありますが私立大学の入学定員の厳格化の影響は大きいでしょう。

 

一般入試では以前より合格するのが難しくなっています。

 

そうすると付属大学のある高校から内部進学を狙う生徒も増えてくることが予想されます。

 

また、付属大学がなくても私立高校には指定校推薦の枠が公立高校に比べて多くあります。

 

大学進学を見据えて私立高校を選択する生徒が今後増えてくるかもしれません。

 

ただ一つ注意点があります。

 

授業料と入学金が無償になってもそれ以外の費用が掛かるということです。

 

修学旅行積立金、施設維持費、制服代などそれにあたります。

 

公立高校に比べると私立の高校は高くなるのでそのあたりを考えて選択する必要がありますね。

 

 

 

 

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)