英語のニュアンスの違いはこれを読めばスッキリ解決!

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。

 

頼んであった本がやっと手に入りました。

 

人気があって初版が売り切れてしまい、再版待ちで一か月ほどかかりました。

 

 

さっそく読み始めました期待を裏切らない内容です。

 

日本語と英語のニュアンスの違いを見開きでイラストを使って一目でわかるように説明してあります。

 

 

 

 

「come」離れていくと、「go」近づいてくるの違いは分かりやすいですよね。

 

「come」来る、「go」行くと単純に覚えていましたが自分を起点に考えるんですね。

 

例文もでも違いがよくわかりますね。

 

 

 

「speak」「 say」「 talk」「 tell」どれも日本語にすると「言う」ですが流石に4つもあると使い分けがハッキリしませんね。

 

イラストを見ればその違いが一目瞭然です。

 

他にも「syudy」と「learn」の違い、「shop」「 store」の違い、「house」「home」の違いなど数多く紹介されています。

 

上記のようなニュアンスの違いをわかりやすく表現してくれているのはもちろん、単位早見表だったり、時間や数字の表し方だったり、語源まで載っていてまさに至れり尽くせりです。

 

巻末には索引もあり、単語単位で気になる表現を探すことができます。

 

読み物としても面白ですが辞書的な使い方もできそうです。

 

教室置いておきますので気になった人は手に取ってみてください。

 

出来れば買って手元に置いておくとよいと思います。

 

 

関連記事

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。   さくら個別指導学院の國立先生が2冊目になる勉強本を出版されました。   出版記念で贈呈していただきました[…]

 

 

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)