愛知県の学校再開が5月25にからになりました

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。

 

「特定警戒都道府県」に入っている愛知ですが、どうも感染者の数が抑えられていて順調なので、緊急事態宣言が他府県と共に解除される流れになるようです。

その日程についての情報は前後しましたが、今日の朝の愛知県大村知事の会見で、25日月曜から学校再開と発表がありました。

 

 

5月18日から準備期間が始まり、25日からの一週間を分散登校や時差登校で過ごし、通常通りの授業を6月1日(月)からスタートすることになるようです。

 

部活も6月1日から始まるようです。

 

 

問題はどこから授業が始まるかです。

 

5月末までの南中3年の課題表を見てみると英語と数学は3年生で学習する内容が課題に入っています。

 

休み中に「自分で進めておいてね!」ということです。

 

 

以前ブログの記事にもした文部省の通達が生かされているのではないでしょうか。

 

 
 
 
 

最初の単元なので難易度は高くないにしてもすべての生徒がやってくるとは限りませんよね。

 

 
そうかといえばこんな記事も出ています。
 
 
いったいどういう対応になるのでしょうか?
 
日々情勢が変わってくるのでアンテナをたててしっかり対応しないといけないですね。
 
修徳ゼミナールの塾生はこの休校期間中に1学期の内容は終えているので問題ありませんが、この休校期間中の取り組みが効いてくるのでしょうね。
 

定期テストはどうなるのか

 
例年なら5月に行われている中間テストをやることは物理的に無理です。
 
6月から授業が始まったとして進める範囲は本来の1学期の単元くらいになることが予想されます。
 
7月に期末テストが実施されてそれで1学期の成績が決まるという感じになるのかなぁと予想します。
 

夏休みはどうなるのか

 

お隣の岩倉市は8月1日から22日までを夏休みにするという情報もありますがまで正式に決まってわけではないようです。

 

塾としてはたとえ短くとも夏休みがあるのは助かります。

 

受験生にとって夏期講習は受験に向けて中学の内容を総復習できる貴重な期間になります。

 

まだどうなるかはわかりませんが、冬期講習と似たようなスケジュールになるのかなと考えています。

 

いずれにせよ6月になって中学からの予定表が出てからの対応になると思います。

 

進化論を唱えたダーウィンの有名な言葉があります。

 

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である。

 

今求められているのはこれでないでしょうか。

 

関連記事

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。   4月10日に文科省がコロナ対策特例を出しました。     (一部抜粋) 新型コロナウイルス感染拡[…]

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)