本当のテスト勉強とは

愛知県一宮市で南部中学(南中)、丹陽中学(丹中)専門の個別指導の学習塾を営む修徳ゼミナールの木村です。

 

テストとは何か

丹中は火曜日に期末テストの範囲発表があり、ほとんどの生徒が毎日塾に勉強しに来ています。

 

何をすると「テスト勉強した」ことになるのか。

 

決して難しい話ではないのですが、ここを勘違いしている子は多いように感じています。

 

今日も質問に来た生徒が理解していなかったので、全体に向けて話をしました。。

 

以前からの繰り返しになりますが。

 

「できない」を「できる」に変えることがテスト勉強だと考えています。

 

もちろんいろいろな考えはあると思いますが、学校の成績を上げたり、入試で合格する事を目的にしている場合の勉強はこの考えで間違いないと思います。

 

この点を意識しておかないと、なんとなく「勉強しているつもり」にごまかされてしまいます。

 

今日の勉強時間の中で、「できなかったもの」をいくつ「できる」に変えることができたか。

 

それが今日の勉強の成果です。

 

 

勘違いしていない?

 

今回は1学期の成績が期末テストだけで決まるということで、中学3年生は例年より勉強の意識が高まっているように感じます。

 

たくさんの問題を解き終えると「ふっ」と息を吐いて満足した表情になります。

 

そこが危険なポイントです!

 

「問題を解くこと」は厳密な意味でのテスト勉強ではないんですよね。

 

テスト勉強の準備ができた状態です。

 

なぜならば、問題を解くことで「できる問題」と「できない問題」を区別できたからです。

 

そして

 

ここから「できない問題」を「できる」に変えていく事こそがテスト勉強です。

 

問題を解いて、丸付けして満足していてはいけないんです。

 

むしろ「そこからが始まり」ではないでしょうか。

 

 

解き直しで得点力をつける

 

テスト勉強で結果を出せるのは「解き直し」です。

 

厳密に言えば、この「解き直し」こそがテスト勉強であり、最初に問題を解く作業は準備にすぎません。

 

何を解き直せばいいか分からないから「解く」という事が必要になるのです。

 

決してその逆ではありません。

 

だからこそ、

 

手当たり次第にいろいろな問題を解いてばかりでは全く効果が上がりません。

 

勉強のどのポイントが大切なのかを意識して取り組むのと、なんとなく取り組むのでは結果に大きな差がついてしまいます。

 

是非ともこの意識を大切に勉強に取り組んで欲しいです。

 

お子さんは問題の解き直しをしていますか?

 

関連記事

10月15日(火)から16日(水)に南中・丹中の2学期の中間テストがありました。   テスト前の12日(土)13日(日)14日(月)の3日間、午後から塾を開けて多くの生徒に自習に来てもらいました。   […]

 

関連記事

こんにちは修徳ゼミナールの木村です。   今週から1学期の期末テスト対策期間がスタートしました。 今回はいつからテスト勉強を始めたらよいかについて考えてみます。   修徳ゼミナールではテスト[…]

 

 

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)