子どもの反抗期は価値観の再構築

こんにちは、修徳ゼミナールの木村です。

 

先週は年に3回開催している個人保護者面談がありした。

30分程度じっくり時間をかけて生徒の塾での様子をお伝えし、ご家庭での様子など伺うことが出来ました。

その中でもよく話題に上がったのがお子様の反抗期のことでした。

 

個人差もありますが中学生になってくると第二反抗期が始まってきます。

 

 

 

「今まで何でも話をしてくれたのに…」

「ちょっとしたことで会話がけんか腰になってしまう。」

など大体どこのご家庭でも似たような感じです。

 

その時に保護者の方にお話しするのが

「反抗期は子どもの価値観の再構築期間ですよ。」

 

それまで親の価値観(言うこと)を無条件で取り入れて成長してきたものが、思春期になり自分なりの価値観を再構築するために一度破壊する工程が反抗期の始まりです。

親の価値観を破壊するわけですから激しいぶつかり合いが起こる場合もあります。

言葉がが少なくなり静かに受け入れを拒否する場合もあります。

少し過激な言い方ですとと「精神的親殺し」とも言われています。

だから親にとってはつらい訳です。

 

一度親の価値観を壊した後に自分の価値観と、親の価値観を取り入れながら再構築するので対応を誤らなければそれほど大きく外れることはないと思います。

再構築が終われば反抗期が終わったということになります。

 

只この状態ががいつまで続くかということが予想できないこともつらいところです。

残念ながら反抗期の終わりは誰にもわかりません。

「最近あまり衝突しなくなったなぁ。」

「話をしてくれるようになったなぁ。」

など終わってから気が付くことがほとんどです。

 

私にも二人の成人した子どもがいますが、上の長男はほとんど反抗期らしきものがありませんでした。

これはこれで怖いのですが今のところ大丈夫のようです。(笑)

 

下の長女はまあまあ酷く特に母親ぶつかることが多く、取っ組み合いをしていたこともありました。

高校を辞めたいと言われて転入先を探しかけたくらいです。

それも気がつけば終わっていて、今では母親とも仲良くやっています。

 

反抗期は子供が成長するうえでの一つの通過儀礼です。

>

学習のこと、進路のことから子育てまでご心配なことがございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問
入塾する前に、授業の様子が知りたい。
苦手な分野が多いのですが大丈夫?
勉強する習慣を身に付けられますか?
講義についていけるか不安です。
テスト対策は行っていますか?

無料のカウンセリング体験授業を行っております。
強み・弱みを確認しながら授業カリキュラムをご相談させていただきます。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0586-28-3759

営業時間:13:00〜21:00 (月〜土)